青味ダイコン

 青味ダイコンは京野菜の一つで京の伝統野菜に指定されています。

中京区西ノ京が原産とされていますが、江戸時代の文化・文政期に右京区西京極で栽培されていた絶滅した群だいこんの変異種であるとされています。

青味ダイコンは直径が1センチから1.5センチ、長さが12センチから15センチ程度の細いダイコンです。

根は1、2箇所曲がって独特な形をしており、地上に出ている首の分が緑色をしているため青味ダイコンという名前が付いています。

青味ダイコンの味は辛味が少なく、ほんのりとした甘みが特徴で美味しさの源であると言われています。

昔からご祝儀用には欠かせなかった食材でお吸い物の具や青味の部分はきゅうりの代用品として用いられたり、

刺身のツマとしても、漬物として珍重されています。種まきは8月下旬から9月上旬、収穫は11月から1月にされます。

現在は京都市下京区七条で3件の農家が栽培しているのみです。

京野菜の中でも最も上品で収穫量も少ないダイコンのため貴重で、

宮中の御大典や天皇行事などに際しても献上されるなどお祝い行事に使用されたおめでたい大根としても有名です。

コメントは受け付けていません。