松ヶ崎浮菜カブ 

松ヶ崎浮菜カブは奈良時代に僧侶がどこかの力持ち帰ったといわれるカブで、京野菜の一つで京の伝統野菜に指定されています。

古くから京都市左京区松ヶ崎にて栽培されていた地域固有のカブの品種となります。

松ヶ崎浮菜カブは根の大部分が地上部分に出ており、中型で扁円形のカブで煮物や漬物に適しています。

特にぬか漬けは日持ちが良く定評があります。

葉の部分はなめらかで水菜のような形をしており、数多く派生するのが特徴となっていて煮物などにして食することが可能です。

現在は農家が1軒のみの栽培で9月下旬に種まき、11月下旬から2月下旬が収穫時期となります。

また、起源については異説もあり、近江カブが京都に導入されて栽培されている間に、松ヶ崎浮菜カブになったとも言われています。

松ヶ崎浮菜カブは葉の部分が大部分を占めるイメージとなるのですが、カブの部分は漬物にするとして、

この葉の部分の味は水菜と言うよりはみぶ菜に近い味がするようです。

多少ごわごわした感じがあるようですが前述のように煮物や和え物にすると美味しく食べることが出来そうです。

コメントは受け付けていません。